海老名芸術プロジェクト海老名芸術プロジェクト

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


芸術活動を通し地域の文化向上につとめ、社会的課題を問いかける非営利の市民団体

HOME > 海老名芸術プロジェクトについて

海老名芸術プロジェクトについて

水準の高い芸術文化の活動を通して地域の文化向上につとめ、芸術文化の活動を通て社会的課題を問いかける為に作られた非営利の市民団体

  • <理念> 
  • *芸術活動を通し、人々に感動を与え、生きる喜びを共感する
  • *より高い芸術の創造を目指し、 愛と平和を希求する
  • *芸術を通し、社会的課題を提起し、社会の発展に貢献する

海老名芸術プロジェクトの<あゆみ>

中国残留日本人孤児 立花珠美さん こと 中国名 烏雲(うゆん)さんのモンゴルに於ける植林事業に参加し感銘を受けた遠山悦子さんより歌曲を作曲の依頼が 甘利真美にあり烏雲さんの人生をバラード『モンゴルの大地よ』として作詩・作曲 公演へ動く

2002.11.30(土)ソプラノリサイタル『モンゴルの大地よ』公演 
                              於  横浜みなとみらいホール 小ホール
日中国交正常化30周年にあたり、物語の主人公 烏雲(うゆん)さん要人と共に来日、来場、鑑賞された
2003.10.26(日)ソプラノリサイタル『モンゴルの大地よ』再公演 
                              於 海老名市文化会館 音楽ホール

海老名の伝説『尼の泣き水』をオペラ化 日本人の感性による新しい日本のオペラを能の様式を用いて舞台化  国分寺にまつわる尼と漁師の悲恋物語

2005.11.13(日)創作モノオペラ 海老名の伝説『尼の泣き水』公演
                              於 海老名市文化会館 音楽ホール        
2007.12.01(土)創作モノオペラ 海老名の伝説『尼の泣き水』要望に応え再上演
                              於 海老名市文化会館 音楽ホール

増田昭一氏の満州体験記『満州の星くずと散った子供たちの遺書』に出会う。著者より朗読と音楽で伝えて欲しいと頼まれる。
残留孤児にもなれず、誰の記憶にも残れなかった孤児達の実話 満州の収容所で飢えと寒さの中で懸命に生き、全員天の星となる。増田氏は、たった一人の生き残りである。

2008.06.22(日)<歌と朗読でつづる小さな命の物語>
                              『満州の星くずと散った子供たち』公演 
                              於 海老名市文化会館 音楽ホール
2008.08.19(火)<歌と朗読でつづる小さな命の物語>
                              『満州の星くずと散った子供たち』公演  
                              於 横浜みなとみらいホール 小ホール

『満州の星くずと散った子供たち』の続編『約束』を頼まれて創作 公演

2010.04.18(日)<歌と朗読でつづる小さな命の物語>『約 束』公演
                              於 海老名市文化会館 音楽ホール

2010.05.01(土)<歌と朗読でつづる小さな命の物語>『約 束』公演
                              於 横浜みなとみらいホール 小ホール

中村登美枝 著『おばあちゃんの初恋物語』を歌芝居に舞台化。
北朝鮮からの逃避行の物語 困難の中、孤児達を全員無事に連れて日本の土を踏む
19才の乙女を支えたものは彼の言葉「行きて帰れよ」だった。

2011.10.22<歌芝居>『初恋のアリラン』公演
                              於 横浜 神奈川公会堂
2011.10.31<歌芝居>『初恋のアリラン』公演
                              於 横浜 かなっくホール

増田昭一 著『戦場のサブちゃんとゴン』の舞台化を著者の熱い要望が声楽家 甘利真美にあり長編,多岐に亘るこの物語の舞台化に難色を示したが、たっての願いに取り組む。
『満州の星くずと散った子供たち』の第3部 総集編として<歌ものがたり>オペラと
朗読とダンスの融合劇とし『少年サブちゃんと名犬ゴン』として舞台化

2012.10.2<歌ものがたり>『少年サブちゃんと名犬ゴン』公演
                              於 横浜みなとみらいホール 小ホール
2012.10.8<歌ものがたり>『少年サブちゃんと名犬ゴン』公演   
                              於 海老名市文化会館 音楽ホール

森鴎外の不朽の名作『舞姫』をオペラ化  日本語による日本のオペラ
森鴎外の分身とも言える太田豊太郎とドイツの舞姫・エリスとの悲恋物語

2014.11.15(土)創作オペラ 『舞姫』公演
                              於 海老名市文化会館 音楽ホール 
2014.11.25(火)創作オペラ 『舞姫』公演
                              於 横浜 かなっくホール
2014.12.27土)創作オペラ 『舞姫』第1回地方公演            主催 大曽根商事株式会社
                              於 秩父 農園ホテル

作者紹介

甘利真美

ソプラノ歌手 作曲

読売新人演奏会出演
海老名芸術プロジェクト
女声合唱団 イエローフラワーズ 指揮者

甘利真美の作品紹介

<合唱曲>

合唱組曲「音楽ホール賛歌」(海老名市文化会館音楽ホール落成記念)
    「地球は広いよ」(手話つき)         
    「大地よ よみがえれ」「地雷ではなく花をください」「世界はひとつに」
    「悲しみを抱いて生きていこう〜復興の歌」
    「見えない敵・放射能」
    「帰りたや ふるさと」〜福島に寄せて     以上  甘利真美 詩 

    「やさしく白き手をのべて」「うつくしく清き思いでとどめおかむ」
    「空よ 雲よ 風よ」「薩摩路挽歌」

<歌曲>

 島崎藤村 詩 「初恋」
 紀 貫之    紀 貫之和歌集より「忘らるる」
 若山牧水   「若山牧水歌集」より6曲
 伊藤英高 詩 「こころのうた」23曲
 堀 明子 詩 「四季の色」より7曲
 柳下とみ 詩 「空よ 雲よ 風よ」 「その日 君の父は」「心に宿る故郷は」
 甘利真美 詩 「モンゴルの大地よ」「烏雲の森に」
        「大地よよみがえれ」(女声三部合唱にも編曲)
        「旅立ちの日」「あゆみの家のうた」「ひとすじの道」
         応援歌  多数

<器楽曲>

    ピアノ  植木 順 詩による「無限」ソナチネ
    フルート 「フルートの為のささやかな小品」プレリュード

<ミュージカル>  

    子供ミュージカル「夢の島をとりもどせ」 脚本 作曲 ピアノ 甘利真美
    子供ミュージカル「桐の木は知っている」 脚本 作曲 ピアノ 甘利真美

<オペラ>

    創作モノオペラ「尼の泣き水」    脚本 作曲 構成 主演 甘利真美
    創作オペラ「舞姫」(原作 森 鴎外)脚本 作曲 構成 主演 甘利真美

<歌と朗読>

    「満州の星くずと散った子供たち」    脚本 作曲 構成 歌 甘利真美
   増田昭一 著 「満州の星くずと散った子供たちの遺書」より 
    「約束」 増田昭一 著「約束」より  脚本 作曲 構成 歌 甘利真美

<歌芝居>

    「初恋のアリラン」         脚本 作曲 構成 主演 甘利真美

<歌ものがたり>(オペラと朗読とダンスの融合劇〜世界初)

    「少年サブちゃんと名犬ゴン」    脚本 作曲 構成 主演 甘利真美
   増田昭一 著「戦場のサブちゃんとゴン」より

<演歌>

    甘利真美 詩  「二人の故郷」
    葛西清三郎 詩 「誓った言葉」
    八木幸代 詩  「帰って来いよ なあ兄貴」

<編曲>

              「SHENANDOH」
              「全世界は神の御手の中に